FC2ブログ
プロフィール

大洋観光サービス

Author:大洋観光サービス
旅行代理店のプランナーお届けするツアーガイド、お役立ち情報です!
このブログの紹介はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールビズ

今日から6月ですね
カレンダーもあっと今に半分になりました。
今日は少し涼しい感じもしますが、当社では本日よりクールビズとして、
男性はノーネクタイノージャケットでの勤務になります。
なお、添乗時のジャケットについては、状況に応じ着用しております。

これから暑さも本番になっていきますが、暑さに負けず、頑張ります

旅行業登録 種別変更のお知らせ

この度5月18日に旅行業登録を第三種より第二種に種別変更をいたしました。
これにより国内旅行の自社募集の取り扱いが可能になりました。
今後もより良い旅行を提供してまいりますので、皆様どうぞ、よろしくお願いいたします。
なお、ホームページについては、近日中に更新予定です。
また、新聞等を利用したメディアでの募集旅行は現在のところ行う予定はございません。tourokusyo.jpg

久々の更新ですが、お得なお知らせ・・・

本日から大洋観光も第39期を迎えました。
これも一重にいつもご利用いただいているお客様、
協力いただいている各地の受入施設さんのお陰と感謝申し上げます。

さて、タイトルのお得なお知らせですが、
弊社本社所在地の昭島市では今年も宿泊助成を実施しています。
http://www.city.akishima.lg.jp/s037/010/020/030/20140915122243.html
今年は昨年までの箇所に加え福島県、熊本県の被災地支援が加わりました。
特に福島県は東京都からの助成金もありますので、
昭島市+東京都でなんと6000円の助成が受けれます。
この機会においしいものいっぱい、温泉もたくさんある、福島へ是非
そして、昭島市の友好都市岩泉町への宿泊は5000円の助成があります。
平成28年台風10号で甚大な被害がありましたが、龍泉洞も見学できるようになりましたので、
この機会に是非訪れてみてはいかがでしょうか

皆様のお申し込みお待ちしております。
助成金の申請については、スタッフまでお問い合わせください

昭島市民向けお得情報

昨年度に引き続き平成27年度昭島市では宿泊助成を実施しています!
対象地域は昨年よりも利用しやすいように、岩手県・宮城県全域、茨城県北茨城市、都内奥多摩町となっております。
岩手・宮城は昨年の直接的被災地のみだったのに対し、県全域となり、対象地域が広がっております。
また、今回当社では、全国展開しているルートインホテルズと提携し、昭島市民向けの対象エリアのホテルを
ご提案させていただきます。
もちろん、その他施設もご案内可能ですので、皆様のお問い合わせをお待ちしております。
詳しくは042-545-1311までお問い合わせください。

                    スライド2     スライド1
http://www.city.akishima.lg.jp/s037/010/020/030/20140915122243.html

昭島市の皆様へ

当社の事業所所在地である、昭島市は本年『市制60周年』を迎えます。
そこで、昭島市とゆかりのある地へのご旅行(宿泊)の際、その費用の一部が助成される制度がスタートしました。
期間は4/1~3/30宿泊分。大人3000円 小人1500円です(一部2000円)
旅行先は岩手県、宮城県、群馬県、茨城県、東京都の一部市町村に限られておりますが、
この機会にぜひご利用ください。
もちろん、当社取扱指定業者となっておりますので、地域皆様のご来店お待ちしております
http://www.city.akishima.lg.jp/doc/pdf/1060koho/2014_0401_010011012.pdf


なお、4/1より発行されました。プレミアム商品券もご利用いただけますので、4人家族で5万の商品券をご購入なら
一人当たり1250円のプレミアムが付きますので、助成金と合わせて4250円も大人の方はお得

だいぶ暖かくなりました。これからの新緑の季節にお出かけしてみてはいかがでしょうか・・・
Copyright(C)Taiyo-Kanko Service.co.,ltd. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。